teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:2/647 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

指導者&演出家のための 『童話から演劇をつくるワークショップ』(講師:スズキ拓朗)

 投稿者:クリエイティブ・アート実行委員会  投稿日:2019年 7月30日(火)16時51分5秒
  通報 返信・引用
  クリエイティブアート実行委員会が主催する『2019年サマー・アート・スクール』にて、指導者&演出家のための 『童話から演劇をつくるワークショップ』(講師:スズキ拓朗)を開催します。

このワークショップは童話を書かれたままの物語として演劇化するのではなく、物語を解体し、つくる人の視点で再構築してみようというものです。初日はこれまでにもたくさんの童話を演劇化してきたスズキ拓朗さんのメソッドによる演劇ワークショップを体験し、2日目はグループに分かれ、自分達の視点をもって、ひとつの童話をオリジナルな演劇につくりかえていきます。学校の現場や保育園などの現場で演劇活動をしたい方、演出を学びたい方にお勧めします。演劇といってもセリフも動きもある多様な表現です。

★サマー・アート・スクール:
2019.7.13(Sat)~12.15.(Sun)の期間中、障害のある人も無い人も共に異なる創造性を分かち合い、新しいアートの可能性を探ることを目的に音楽、演劇、美術など様々なプログラムも開催中です。詳しくはウェブサイトをご覧ください↓
http://www.MuseKK.co.jp

■日時 8月3日(土)、10日(日)2日間 10:00~16時

■会場 新小岩地区センター/ホール
住所:〒124-0024 東京都葛飾区新小岩2-17-1
交通:JR新小岩駅南口下車 徒歩5分
WEB:http://www.city.katsushika.lg.jp/institution/1000093/1006724/1006746.html

■対象者・定員 演劇に興味のある大人 20~25名

■参加費(2日間)
指導者、演出に興味のある大人 10,000円(会員9,000円)

■講師 スズキ拓朗
ダンス・カンパニーCHAiroiPLIN主宰。ダンスカンパニーコンドルズ所属。横浜Dance CollectionEX奨励賞、舞踊批評家協会新人賞。日本ダンスフォーラム賞。TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD Finalist、フィリップ・ドゥクフレ客演。若手演出家コンクール最優秀賞、世田谷区芸術アワード飛翔受賞。2016~19年度公益財団法人セゾン文化財団ジュニア・フェロー。平成27年度東アジア文化交流使。多摩美術大学演劇舞踊デザイン学科、国際文化学園、城西国際大学非常勤講師。

■パフォーマンス
 ワークショップの活動の成果を発表します。
●日時 8月10日(土)15時30分~16時
●入場料 500円

■お申し込み方法
1.予約
E-mailかファックスで下記1~8についてご記入の上、お申込みください。送信後3日以上返信の無い場合、メール(ファックス)が届いていない可能性がありますので、お電話ください。定員になり次第、締め切りとさせて頂きます。
1.お名前(ふりがな付き) 2ご住所 3.電話番号 4.E-mail Address(ある方のみ) 5.年齢 6.職業(具体的に) 7.障害の有無(障害のある方は、主催者が気を付けておくべきこと、伝えたいこと等をご記入ください)、8.参加されるワークショップ名(パフォーマンス、ディスカッション名)とその日程も必ずお書きくださいますようお願い致します。

<申込先> クリエイティブ・アート実行委員会
E-mail:MuseKK@aol.com  FAX.03-6426-5183
〒107-0052 東京都港区赤坂6-2-5方栄ビル201
http://www.MuseKK.co.jp

<お問合せ> TEL 03-6426-5182

2.お振り込み
予約後1週間以内に参加費をお振り込みください。
(ご入金が遅れる場合はその旨、遠慮なくご連絡ください)
◆郵便局からのお振込
郵便振替 00140‐5‐725206 クリエイティブ・アート実行
委員会
◆銀行からのお振込
ゆうちょ銀行 019支店 当座預金 0725206 クリエイティブ・アート実行委員会
郵便局からお振込みの場合、振込用紙にはご住所・お名前・電話番号を正確にご記入ください。また通信欄には、参加されるワークショップ名(パフォーマンス、ディスカッション名)とその日程をご記入くださいますようお願い致します。

■キャンセルについて
お申し込み後、キャンセルされる場合は早急にご連絡ください。また、ワークショップ開催日1週間前より、日にちに応じてキャンセル料がかかりますのでご了承ください。

■聴覚障害のある方でワークショップ、ディスカッション参加に関して手話通訳が必要な場合は早めにご連絡ください。



http://www.MuseKK.co.jp

 
 
》記事一覧表示

新着順:2/647 《前のページ | 次のページ》
/647